債務整理の方法「民事再生」のメリットとデメリット

「民事再生」のメリット

「民事再生」をするためには、いくつかの条件があります。
1.住宅ローンを含まない借金が5000万円以下
2.将来において安定した収入が得られると見込まれること
3.現在は支払っているが将来において支払い不能のおそれがあること

 

以上の条件をクリアした場合は民事再生の手続きを行えます。
民事再生の中でも個人のみを対象にした手続きを「個人民事再生」といいます。

 

自己破産のようにすべての借金が免責されるわけではないのですが、借金が5分の1程度まで減額されるので、返済は劇的に楽になります。減額された借金は3〜5年で支払います。
自己破産とは違い、車や住宅などは手放さなくてもいいのも民事再生のメリットです。

 

家族が保証人になっていなければ、家族に迷惑がかかることはなく、家族がローンを組む時に悪影響があることもありません。

 

手続きを始めると、債権者は給料の差し押さえなどの強制執行ができなくなるので、毎日不安におびえることもなくなります。

「民事再生」のデメリット

債務整理につきものの、ブラックリストに載ることになり、今後5〜10年間ほどは、借入ができなくなります。官報にも掲載されるので、第三者が積極的に閲覧しようとすれば知られてしまう可能性があります。

 

各信用情報機関などでも民事再生をしたという事実が登録されるため、借入やクレジットカードなどを作ることが困難になります。

 

民事再生は債務を減額して3〜5年間で返済するというシステムなので、収入がきちんとある人、あるいは収入の見込みが立っている人しか手続きができません。

 

民事再生の申立てをしてから2〜3ヶ月間、面倒でも家系収支表をつけなければなりません。また、一定の金額を通帳に積み立てもしなければなりません。
裁判所ではそれらを見て再生計画の認可をするかどうかを判断します。

 

民事再生は面倒な手続きもありますが、これをデメリットととらえないで、再スタートの最初の試練と思って乗り切ることが、精神的、経済的に解放される第一歩なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ