債務整理の方法「自己破産」のメリットとデメリット

「自己破産」のメリット

債務整理の種類で一番楽になるのが、自己破産という方法です。
自己破産は客観的に支払いが困難であれば誰でも手続きができます。

 

裁判所で支払いが不可能であると認められ、免責が許可されると、滞納税金などを除くすべての債務を支払う必要がなくなります。

 

保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることがないので、家族がローンを組むことには問題がありません。

 

自己破産の手続き開始後は、給料の差し押さえなどができなくなります。
また、20万円以下の預貯金など、裁判所で定める基準を超えない財産は手元に残すことができます。

「自己破産」のデメリット

自己破産は免責が認められると、滞納税金など以外の全ての債務の支払い義務が免除されるという大きなメリットがある分、デメリットも重いものがあります。

 

まず信用情報機関に、約5〜10年間掲載されます。この期間は借入やカード利用、ローンを組むことができません。また国が発行する官報に住所氏名が掲載されます。

 

そして、債務者の最低限の生活に必要最低限の家財道具以外のお金に換えられる物は、すべて強制処分されてしまいます。
土地、家、車、20万円以上の生命保険の解約返戻金などもその対象になります。サラリーマンなら将来もらえるであろう見込み額の4分の1〜8分の1程度を債権者の配当にまわすこともあります。
債務者はゼロに近い状態での再スタートをすることになります。

 

自己破産は最後の手段です

債務整理の方法で、自己破産は全ての借金が帳消しにすることができます。
借金で悩んでいる人は、できれば返済額がゼロになることを望んでいると思います。

 

しかし安易に自己破産という道を選んでしまう人の中には、解放感のあまり、今までの生活を見直すという反省がおろそかになったり、なぜ多重債務に陥ったのかという原因を追求することを怠ってしまい、また借金を繰り返してしまうというケースがあります。

 

自己破産の申し立てをしても、免責が認められない場合があります。
「破産法」では、浪費やギャンブルが原因で多大な借金をした場合は、免責不許可とされています。

 

基本的に、自己破産は何度でもできるようですが、破産歴のあると面積の審査が非常に厳しくなります。破産歴のある人が再度多重債務に陥った場合は、民事再生などの方法を取るしかないのが実情です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ