債務整理手続きの費用について

債務整理手続きの費用について

債務整理で発生する費用として、その手続き方法によって金額が異なりますが、一般的には、弁護士や司法書士へ支払う着手金と報酬金があります。
破産・民事再生手続きにおいては、裁判所に予納金を納めます。

 

予納金は官報掲載費用、管財事件の破産の場合の破産管財人への報酬、民事再生においける再生委員への報酬などがあります。その他、切手・印紙・通信費などの実費です。

 

弁護士や司法書士に依頼した場合に支払う報酬については、各事務所で異なります。

 

借金返済で困っているのに、債務整理のために専門家に払うお金などない!。
当然です、しかし、専門家に債務整理を依頼すれば費用がかかるのもあたり前の事実です。

 

費用を心配して債務整理を躊躇していては、いつまで経っても問題解決とはならず、益々深みにはまってしまいます。そのような方のために「民事法律扶助」という公的な制度があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ