簡単にお金が借りられるメリット・デメリット

簡単にお金が借りられるメリット・デメリット

近年はネットで借金の申し込みができて、その日のうちに通帳に入金がある、という便利なシステムが利用できるようになりました。

 

給与も銀行振込みで、同じように借金も銀行振込み。お金を引き出すときは銀行ATMからと、まるで自分のお金を扱っているような感覚になります。とても便利で、困ったときには大いに助かりますが、お金を借りるという感覚がマヒしてしまいそうですね。

 

ましてやお金を引き出さずに、カードで買い物をすれば一度もお金に触れずに物事が流れてゆきます。益々、金銭感覚が薄れてゆきます。

 

しかし、借金は借金、返さなければなりません。便利に借入れたまでは良かったのですが、いざ返済の段階になると、覚悟していたとはいえ、返済額が高くてびっくり、ということにならないように、安易に借りるのは止める、借りる時は事前に金利や返済計画をきちんと考え、理解した上で借りることが大切です。

借金する前に返済計画を練る

借金と聞くとイメージが悪くなりますが、殆どの人が少なからず借金をしています。たとえば、クレジットカードで物を購入するのも借金です。
もちろん、車のローンやマイホームローンも借金。

 

こう考えてゆくと、借金は必要な目的がある場合は、有効な手段といえます。
欲しいけど、今はお金が不足しているから、お金が貯まるまで我慢する。というのが健全な経済感覚といえるでしょう。

 

また、どうしても今欲しいという場合は、クレジットカードで購入、あるいは消費者金融から借金をするということになります。どちらにしても返済をしなければならないのですから、返済できる金額をきちんと把握することが大事です。

 

返済を滞ることだけは、避けなければいけません。ですから無理な返済計画を立てるのはNGです。
必要経費を十分組み込んで、残った分で返済できるよう計画してください。
一番重要なのは、その借金が今、どうしても必要なのかどうかをじっくり検討することです。


ホーム RSS購読 サイトマップ